性器クラミジアの感染経緯や検査方法、症状について分かりやすく解説していきます。性器クラミジアでお悩みの方は病院不要の処方箋もいらない通販で性器クラミジア治療薬を購入して自宅で治療が可能です。

性器クラミジア感染症情報局

クラミジアの舌への感染とうつ病障害

クラミジアの舌への感染はほとんどないのですが、口腔内に感染することがあるので、セックスをした後にはうがい薬で口腔内を清潔に保つ必要があります。クラミジアによる口の中の感染は基本的には扁桃腺炎なので、唾液を調べることで口や舌の粘膜に付着したクラミジアを検出することができるのですが、症状は喉の奥や扁桃腺にでるので舌に菌が付着していても気がつくことはありません。クラミジアは体の粘膜に感染するので舌などの粘膜にも感染するのですが、炎症を起こしてもほとんどの場合は症状が軽いので特別な治療を必要としません。クラミジアの感染では扁桃腺炎と尿道炎などが多いとされていて、女性の場合は生理痛のような腹痛が症状として出るのですが、クラミジアの自覚症状は軽いので性病科などを受診して治療をせずに自然に治癒することが多いとされています。しかし感染に気が付かないまま他の人に感染を広げてしまっているので、世界的にもクラミジアによる感染症が問題となっていて、日本の自治体でも無料カウンセリングや保健所での検査などを啓蒙していますが、若い女性の性感染症に関する認識に変化はありません。うつ病障害は気分が落ち込んだ状態が続く病気で、薬によって一時的に落ち込んだ状態から脱することもできますが、悲観的な感情が繰り返し思い起こされるので、SSRIなどの投与だけではなく、社会参加をしてうつ病障害の悲観的な感情から気を逸らすことが必要になります。日本ではうつ病障害の治療に認知行動療法を行うことが多いのですが、アメリカなどでは瞑想などを取り入れた感情の抑制方法が提唱されていて、それはあるものに意識を集中することでトラウマや悲観的な感情を心の中から取り除く治療法です。