性器クラミジアの感染経緯や検査方法、症状について分かりやすく解説していきます。性器クラミジアでお悩みの方は病院不要の処方箋もいらない通販で性器クラミジア治療薬を購入して自宅で治療が可能です。

性器クラミジア感染症情報局

クラミジアやhivは過激な性行為によって感染する

最近、性行為の低年齢化、不順異性行為、援助交際などが、問題になっています。

男女が愛し合い、コミニュケーションの1つとして性行為を楽しむことは大変大切なことなのですが、そうではなくゲーム感覚で男女をとっかえひっかえ、快楽を求めて過激な性行為をしたり、お金が欲しくて風俗店や援助交際をする男女が増えています。

同時に増えているのが、クラミジアhivや減ヘルペス、淋病などの性病です。

特にクラミジアは性病の中で最も罹患している人が多く、10~20代の若者によく見られます。またhivは免疫不全症候群といわれ、性病がきっかけにいずれは死を迎えてしまう恐ろしい病気です。

クラミジアもhivも過激な性行為によって、感染する性病です。オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなど、粘膜を通して感染します。

しゃべっているときにつばはついたとか、手をさわってしまったとかお風呂に入ったなどといった接触、飛まつ感染はしません。

クラミジアの場合はクラミジアトラコマチスという細菌、hivはウイルスが性行為によって粘膜を通して体に侵入することによって感染していきます。特にクラミジアなどに感染している場合、hivウイルスに感染しやすくなっているので注意が必要です。

これらの病気が怖いのは、最初のころは自覚症状があまりなく、性行為を繰り返すことによって、不特定多数の人に性病を感染させてしまうことです。

また不特定多数の人と性行為することによって、感染ルートが分からなくなり、いつ、誰に感染させられたのか、分からなくなってしまうことです。

自分の身を守るために過激な性行為を興味本位でしない、性行為のときはなるべくコンドームをつけて防御することです。