性器クラミジアの感染経緯や検査方法、症状について分かりやすく解説していきます。性器クラミジアでお悩みの方は病院不要の処方箋もいらない通販で性器クラミジア治療薬を購入して自宅で治療が可能です。

性器クラミジア感染症情報局

若者のクラミジア感染の主な理由は過激な性行

クラミジアはクラジミアトラコマチスという細菌が繁殖、std感染する性病の1つです。

クラミジアは10代~20代の若い男女が感染するのが特徴で、その要因としては過激な性行為です。

成人向けビデオや、ネットの動画には、男女が過激に性行為し、視聴者の性欲や欲望をこれでもかといわんばかりにあおってきます。

10代~20代の性欲がみなぎり、好奇心旺盛の世代は、ビデオの映像シーンに触発され性病のリスクを十分理解しないまま真似しようとします。

オーラルセックス、アナルセックス、ディープキス、フェラチオ、クンニなど、クラミジアは粘膜を通してstd感染していきます。

なのでstd感染をしないように性行為のときは、コンドームをきちんとつけたり、過激な性行為を興味本位にしないことが必要となります。

また、10代の女性は短時間に高収入が得られるからと言って、風俗店でアルバイトする人も見られます。

昔よりも性行為のモラルのハードルが低くなり、ゲーム感覚で性行為や風俗店でアルバイト、援助交際などをしてしまうことにクラミジア感染をより広めてしまう落とし穴があります。

またクラミジアは感染しても、すぐには自覚症状がでないので、感染中もそれと知らずに不特定多数の人と性行為を重ねれば2次感染は果てしなく広がることとなります。

女性の場合、おりものの量が増えたり、色が変わったり、不正出血などの自覚症状があったら、病院へ行きクラミジアの検査をするのも一考です。

性病の検査は恥ずかしいからためらうのだったら、ネットでキットが売られているのでそれでもかまいません。

おりものを少しとって、郵送するだけで判明します。

もし罹患していることが分かったら、適切の治療を受け感染を広めないようにしなければなりません。